2014年4月4日金曜日

制作時に考えてること

作品の世界観設定についてファンの方や他の作家さんに聞かれることがあるんですが
説明すると長いし、人によってはモニョモニョする内容だろうなと思って
「かわいいものだけ描いてる」って適当に答えちゃってるんですが
本当はこんなこと考えてるんだよってのを文章にしてみました。
その場で説明できない私の口下手が原因でもあるけど。。
というか自分の思想を語ること自体最近控えてたんですが(主にTwitterなんかで)
でもここ私の制作ブログだし別にいいんじゃね?と…
長いけどどうぞー

ちゃんとした学生服を描いたことがあるのはこの絵くらいだった…

学生服、下着姿、大きな胸、これらは女の子のイラストを描く上で
簡単に女の子のかわいさを最大に引き出せる要素だと思うけども
自分の日常生活に存在していない。
下着姿で出歩く人はいないし、学生服は年を取り着れなくなるし、みんな大きな胸をしてるとも限らない(逆に大きな胸がコンプレックスだったりする)
初めて描いた胸が大きな女の子
じゃあみんな死ねっていう黒い感情、逆に自分が死にたいっていう感情など
毒がある、悪く言えばマイナス感情の塊をテーマにすることもない。
誰しもマイナス感情は持っているし、共感を得やすいのは確かなんだけど
マイナス感情を形にするのは自分的に知らない人に呪いをかけてる気分になるのだ。
それにマイナス感情は自分が根暗なので、嫌ってほど毎日向き合ってるからもうお腹いっぱい。
わざわざ形にするまでもない。

そうなると私に残された女の子の表現方法は
ちゃんと服を着て性的なものを匂わせるでもなく
明るい楽しそうなイメージのものしかないのだ。
自分で勝手にこんな縛りをつけて制作している。

猫の日用に描いた下着姿の絵
全部の作品がそうかと言われればそうではなくて
普段は、かわいさを引き出せればテーマ性は問わないってことが多い。
でも大きくて描きこみが多い作品を描く時はだいたい上で述べた自分ルールで描いている。

設定が書いてあったはずなんだけど下書きの邪魔だから消してたみたい。。夜桜が綺麗な夜に女の子に変身するユニコーン
そんなに健全で明るい絵しか描きたくないんだったら児童向けの絵を描けばいいのでは?
それも違うのである。自分は児童だった頃の憧れを捨てられない大人なのだ。
なので作るアクセサリーも全部大人用。
要は私の精神が未成熟。もうちょっと年を取ったり
自分に子供ができたりするとまた色んな部分が変わるかもしれない。
でも、今は子供の頃の妄想の世界を描いていたい。

「ユニコーンになる夢を見たの」というフレーズから女の子のデザイン、構図や小物を決めていった
世界観ってのは例え一枚絵でもしっかり作り込めば引き込まれる作品になると思っています。
デザイン性重視だと世界観や思想を取っ払って制作した方がかっこいいものができることもあるけど
気合入れた一枚絵を描く時は世界観決めを必ずやる。
正直かわいいものを描く作家はそこらにたくさんいて
別に私が描かなくとも世の中はかわいいもので満ちあふれているのだ。
そんな中でどんな作品が印象に残るだろうって思って、やっぱり世界観や思想が伝わりやすくまとまっているものだなって自分は考えた。
何十枚も、流れるように消費する絵じゃなくて
一枚一枚噛みしめるように大事に見てもらえる絵が描きたいな。
魔法のカバンを持っているロリィタちゃん
自分の制作ルールってやつに首を絞められる時は、上の方にのっけたような
下着の女の子やナース服のおっぱい大きい女の子なんかを描いたりします。
完全に息抜き。とっても楽しい。
でも、下着の女の子を描いてFacebookで公開した時はエロオヤジと思われる方から変な絡まれ方をして辟易しました。
異性のことを意識した絵なんて描いてないのにね、下着の絵ってだけで…

予防線張っておくけど、これはあくまで私自身の作品の制作ルールであって
自分が閲覧者側となって他の作家さんの作品を見る分には全く適用されていません。
なのでエロ絵も好きだし、精神が不安定になるような暗い絵も見るし、子供向けの絵も見ます。
もちろん落書きを見るのも好きです。

自分は所謂インターネットネイティブって言われる世代の人間で
とにかく昔からイラスト見るのが大好きで色んな作家さんのイラストサイトをストーカーし続けてて
地方住みだったので通販を利用したりして本やポストカードを集めつつ
好きなイラストレーターさんの新作や活躍に毎日のように喜んで心ときめかせ
すごいなあ、あんな風になりたいなってずっとずっと思ってたのですが

いざ自分が絵を描き始めるとまあ当たり前だけどパッとしない
自分は特別な人間じゃないからサラッと描いてワーキャー言われるような才能はないので
少し遠回りしてもいいから自分が描きたいものを全部描き切れるように努力をすることを考えて制作しています。

なんてグダグダ描いておきながら自分ルールで絵が描けなくなる私がいるのであった!
でも、方向性を見失いそうになった時にこの自分ルールはとても役に立つし心強いのです。
TokyoOtakuModeさんが私の作品について紹介して下さった時
「女の子の純粋さ、かわいらしさがよく表れている」
ということを英語で書いてくれてて、本当に本当に嬉しかったです。
https://www.facebook.com/photo.php?fbid=673500762677482
とっても長い紹介文の原文はこれ。
pureness and cuteness
そういうものがちゃんと人に伝わっているのが嬉しいし、これからも描いていこうと思う。











そして少し脱線するけど
とあるイラストコンテストの審査員になったあ○なっちが
コンテスト応募者に対するコメントで
「読者(閲覧者)に思い切り媚びる作品を描くのは全然いい。むしろ媚びっ媚びに描け!」的なことを言ってて
さすがあり○っちは少女漫画の巨匠だなぁと感心したのと
閲覧者に媚びる絵の何が悪いかきちんと説明できる人っていんのかなぁって思った。
私は今、ない頭を捻っても閲覧者に媚びる絵の悪いところを指摘できない
時々「ピンクとか、かわいいモチーフとか、まあ女の子が好きなもの描いてれば人気も出るよね。」みたいなことをマジで言われることがあるんですが
これの悪いところってあるのかな?
強いて挙げるとすれば人に媚びる奴は卑しいっていう感情でその作家を見た場合、その作家が醜く見えるくらい?
でもこれってすごく強引で一方的な私怨みたいな感情だと思うので
悪いこととしてきちんと説明できてない。

どうでもいいけど自分は女の子の好きそうなモチーフが大好きなのでそれを作品に取り入れると
媚びっ媚びな絵になるわけですが、
「女の子が好きなもの描いてれば人気出るよね」って言った方から見れば私は醜い作家なのか…と自分で考察して凹んだわ。。

もう、あれだよ
プライド高かろうが低かろうが
下手だろうが上手かろうが
自分の好きなもの描いてりゃいいんだよ

上でグダグダ述べた世界観がどうのっていうのが台無しになったな!
でも好きなものだけ(無計画に)描いた作品と、引き込まれる作品ってのは別だから

すっごく上手くて魅力のある絵を描く作家さんのメイキングを見てると
絵を描く前の文章だけの世界観設定だけで引き込まれるので
私もそんな風になりたいなって日々思ってます。

おわり!!!

0 件のコメント:

コメントを投稿